gente di mare interview

2024年04月05日

スタイルの核になる
「銘品」との出合い
『アマーク マガジン』の編集長兼発行人、大草直子さん

Interview no.02

大草直子さん

連載2回目のゲストは、ファッションエディター/スタイリストとして大活躍中の大草直子さんです。「ジェンテ ディ マーレ」で出合った銘品の魅力から、大人のおしゃれの可能性を広げるスタイリング提案まで、たっぷりお話を伺いました。

ASPESI

ベーシックを愛する大人にこそ挑戦してほしい!
旬を纏った、アスペジのフィールドコート

『アマーク マガジン』の編集長兼発行人、大草直子さん

新しい季節のスタートにふさわしい、主役コートを一枚

この時季になると、軽やかなスプリングコートの存在が気になります。もしも選びに迷ったら、“コンシャス(特徴的)なディテール”、“スポーティな要素”、“リッチな素材感”をキーワードにしてみてはいかがでしょうか。「ジェンテ ディ マーレ」で出合ったアスペジの新作コートは、流石、イタリアのファションブランド! 所謂スポーツブランドのものとは違い、ベーシックでありながらも、大人がエレガントに楽しめる要素がしっかり押さえられています。この春手に入れて、長く愛せるだけの実力も充分。早速、あらゆる角度からチェックしてみましょう。

――ライトベージュとカーキから大草さんが最終的に選んだのは、アスペジを象徴する深みのあるカーキ。細部にわたる秀逸なディテールに、ファッションプロも唸ります。

アスペジ カーキーのコート

今の気分にもぴったり! “スピード感” をもたらす佇まい

今回選んだフィールドコートは、ミリタリーの要素を都会的なムードで表現したアスペジらしい一枚。ミラノのメンズたちがダークスーツに纏うように、私もベーシックな黒のオール・イン・ワンに合わせてみると、やっぱりイメージ通り! こういうスポーティなコートをベーシックな装いに羽織ると、見た目も気分的にも “スピード感”が出るのです。そしてこの躍動感を支えるのが、優秀なディテールの数々。生地の分量を贅沢に使用したコートはラフに羽織るとマニッシュな雰囲気が漂いますが、ダブルファスナーやドロストコードで調整すれば、フェミニンなAラインシルエットも楽しめます。また、袖から背中にかけてシュリンクも施されているため、バックスタイルにもメリハリが生まれて華やか。なんといっても決め手は、リッチなタフタ調の光沢とハリ! この艶っぽさが大人の肌をきれいに、そして、着こなしをドラマティックに導いてくれるのです。

全方位からチェック!

『アマーク マガジン』の編集長兼発行人、大草直子さん

サイドから見ると、フロントからバックにかけて長さや生地の分量が計算されているのがわかります。また、ハリのある素材が袖から背中に入ったシャーリングにメリハリを加え、腕まくりもこなれた印象に。ファスナーを上まで締めれば、一気にモードな雰囲気。

フードは立体的に見えるほど、ラグジュアリー感が強調されます。しかもサンバイザー付き! 緻密に織り上げられたポリエステル地は撥水性があるため、急な天候の変化にも安心。ラグランスリーブのAラインシルエットだから、レイヤードもストレスフリー。

使い勝手のいいダブルファスナーは、下に大きく開くことでケープのようなシルエットも楽しめます。艶のある生地をたっぷり使ったバックスタイルの美しさも、コート選びの重要ポイント。ボトムの種類を制限しない膝下丈で、使い勝手も抜群です。

――イタリア・ミラノの郊外で、メンズのシャツづくりからスタートしたアスペジ。現在はイタリアンカジュアルの代名詞として、男女共にトータルウエアを展開しています。長きにわたってアスペジを知る大草さんに、ブランドの印象を伺いました。

『アマーク マガジン』の編集長兼発行人、大草直子さん

ベーシックなのに決してクラシックではない、上質な大人の日常着

メンズの流れを汲みながらフェミニンな要素も味わえるアイテムは、甘過ぎず、大人の女性がリアルに取り入れやすいものばかり。アスペジの服は決してわかりやすいモードではないのですが、必ず旬の要素がディテールに生かされています。シャツを例に挙げると、毎シーズン大きくイメージは変わらないのに、さりげなく襟や袖などのディテールで印象を変えてくるのです。なんでしょう、このセンスのよさ…。私はこういうイタリアブランドらしいものづくりが、とっても好き! この仕事をはじめてから長くお付き合いさせていただいていますが、いつ見ても新しく、一歩先を進んでいるイメージ。これこそ、イタリアンモードなのだと思います。

――大人の女性が即実践したくなるスタイリング提案にも定評のある大草さんから、アスペジのフィールドコートが映える、着こなしのヒントを探ります。

『アマーク マガジン』の編集長兼発行人、大草直子さん

オンとオフ、スタイリングの振り幅の広さも圧巻!

夜のディナーにも羽織っていけるくらいの華やかなテクスチャーを纏ったフィールドコートは、フラワープリントのシルキーなワンピースや、シフォンワンピースに合わせても素敵。もちろん、きちんとしたジャケットやカジュアルなスウェットアイテムとの相性も文句なし。それにカーキは、もともとグレーの要素が入っている色。ブルーのシャツやグレーのパンツにも、間違いなくなじみます。また、今季人気色のミモザやボルドーをワンポイントに加えても、ひと味違った華やかなコートスタイルに。仕上げにグラマラスなゴールドのジュエリーやパールを足せば、スタイリングもぐっと盛り上がります。カーキはどんな色にも合わせられる汎用性の高い色なので、活躍の場も多彩! 旬のスタイリングにも幅広く応用できるはずです。

アスペジのカーキーのコートとサックスブルーのシャツのコーディネート アスペジのカーキーのコートとイエローのニットのコーディネート

男女問わず、ミラノで目にするカーキ、ブルー、グレーの配色からは大人のインテリジェンスが薫ります。カーキを軸に、ベージュやブラウンでアーシーにまとめるのも旬!

ファスナーが地金ではなくアウターと同系色で統一されているので、合わせるジュエリーの自由度も増します。このさりげないディテールセンスも、アスペジの真骨頂。

――数多のセレクトショップと精力的にコラボレーションをしている大草さんに、
「ジェンテ ディ マーレ」の印象を伺いました。

セレクトよりも、セグメントが際立つ品のよさ…

今、仕立てのよさにフォーカスしたアイテムって、あまり見かけなくなりましたよね。素材、シルエット、縫製まで上質な服は、間違いなく纏う人を美しく見せてくれます。「ジェンテ ディ マーレ」は、上質を知る大人たちが信頼できる場所。セレクトショップというよりは、確かなヨーロッパブランドがコンパクトな空間にセグメントされている印象です。だから一点一点、ゆっくり袖を通してみたくなるのかもしれません。

『アマーク マガジン』の編集長兼発行人、大草直子さん

PROFILE

大草直子

1972 年生まれ 東京都出身。大学卒業後、現・ハースト婦人画報社へ入社。雑誌の編集に携わった後、独立しファッション誌、新聞、カタログを中心にスタイリングをこなすかたわら、イベント出演や執筆業にも精力的に取り組む。WEBメディア「AMARC(amarclife.com)」を主宰。AMARC magazineの編集長兼発行人。インスタグラム@naokookusaも人気。最近メキシコに訪れ、より好きになったテキーラを極めています。

MEN IMAGE

MEN

WOMEN IMAGE

WOMEN

PICK UP FOR WOMEN

デュノ コート

STORE NOW

DUNO〈デュノ〉 ¥69,300
(tax in)
アスペジ シャツ

STORE NOW

ASPESI〈アスペジ〉 ¥69,300
(tax in)
アスペジ パンツ

STORE NOW

ASPESI〈アスペジ〉 ¥42,900
(tax in)
アスペジ バッグ

STORE NOW

ASPESI〈アスペジ〉 ¥25,300
(tax in)

PICK UP FOR MEN

アスペジ コート

STORE NOW

ASPESI〈アスペジ〉 ¥104,500
(tax in)
フィリッポ デ ローレンティス 半袖ニット

STORE NOW

FILIPPO DE LAURENTIIS〈フィリッポ デ ローレンティス〉 ¥31,900
(tax in)
ブリリア1949 スリムフィットパンツ

STORE NOW

BRIGLIA 1949〈ブリリア 1949〉 ¥29,700
(tax in)
オートリー ダラススニーカー

STORE NOW

AUTRY〈オートリー〉 ¥38,500
(tax in)

BRANDS

ページトップへ