gente di mare interview

2024年06月28日

スタイルの核になる
「銘品」との出合い

Extra edition

ヨーロッパブランドのアパレルを中心にセレクトする「ジェンテ ディ マーレ」では、毎回ファッションに精通するゲストたちを迎え、“スタイルの核になる逸品”の魅力に触れていただく連載をスタート! 今回は春夏シーズンの番外編として、インタビュー時にご紹介しきれなかったアイテムをピックアップしてお届けします。ぜひ最後までお楽しみください。

連載No.1_CIRCOLO 1901

初回のゲストは、今年創刊50周年を迎えたメンズファッション誌『メンズクラブ』の編集長、西川昌宏さんでした。セレクトいただいたのは“楽ジャケ”の代名詞、イタリア発のチルコロ1901のニットジャケット。しかし西川さんは本題に入る前に、ブランド誕生時からのアイコン、ファブリックプリントが施された新作を熱心にチェック。今なお更新中の技術力の高さに感心しきりでした。
※西川さんがセレクトしたニットジャケット(メンズ)の記事は、こちらから→Interview No.1

チルコロ1901 レディースのジャケットとパンツのセットアップ

一見デニム地に見えるレディスのセットアップは、チルコロ1901の真骨頂となるプリント技術によって誕生。ウールツイル調の風合いまでも表現する匠の技は、これが織りなのか、プリントなのか見分けがつかないくらいです。またデニム風なのにカジュアルアップした装いが楽しめるのは、秀逸なテーラリングに秘密が! 独自開発のスエット生地も、カーディガンを纏っているかのような軽やかさ。「ジェンテ ディ マーレ」を訪れた際は、ぜひ袖を通していただきたい逸品です。ジャケット¥79,200・パンツ¥47,300

連載No.2_ASPESI

2回目のゲストは、ファッションエディター兼スタイリストの大草直子さんでした。ミラノでダークスーツにアスペジのフィールドコートを纏った男性を見て以来、このブランドの虜になったと言います。インタビューでは、さりげなく今の気分を薫らせるアスペジの秀逸なディテールから着こなし方まで、たっぷり語っていただきました。
※大草さんがセレクトしたアウター(レディス)の記事は、こちらから→Interview No.2

アスペジ M-65ジャケット

かつて大草さんがひと目惚れをしたというアスペジのアイコン、M-65スタイルのフィールドジャケットは、先シーズンよりも身幅と着丈が大きめに設定されているため旬のボトムとも相性がよく、一枚羽織るだけでたちまちこなれた印象に。雨風にも強いハイテク素材は、日本の技術力が結集した「コマツマテリアル」を採用。アウターなのに纏っていることを忘れてしまうくらい軽量で、かつシワにもなりづらいため、移動の多い旅から出張まで重宝することは間違いありません。 “最上級の普段着”をキーワードに掲げる、まさにアスペジらしい一枚です。ジャケット¥121,000

連載No.3_SEBAGO

長年メンズ誌を中心に活躍するスタイリストの武内雅英をお迎えした回では、アメリカントラッドの足元に欠かせない、セバゴの名作ローファー『クラシックダン』を紹介。「長く愛される逸品ほど、時代に合ったスタイリングに溶け込む柔軟性がある」と武内さん。来店時には、旬のアイテムに合わせたスタイリングを披露していただきました。
※武内さんがセレクトしたローファー(メンズ)の記事は、こちらから→Interview No.3

セバゴ ポートランドのデッキシューズ

ローファーと共にセバゴでベストセラーを誇るのが、1970年に誕生したデッキシューズ『ポートランド』。夏は装いがカジュアルになるぶん、大人の足元にはラグジュアリーホテルでも十分通用する、エレガントな一足が必須です。特にヨーロッパでは、素足にスエード靴は夏の足元の大定番。滑りづらいアウトソール、軽量で耐水性に優れたデッキシューズ特有の機能性は、タウンでも心強い味方に。そんなセバゴのシューズは、今秋からレディスも展開予定。乞うご期待! 靴『ポートランド』各¥30,800

連載No.4_BRIGIA1949

超銘品パンツの宝庫と知られるナポリ発のパンツ専業ブランド、ブリリア1949をセレクトしたのは、ファッションコーディネーターの佐藤 匠さん。薄着シーズンこそ緊張感のあるアイテムを意識して取り入れているという佐藤さんは、多彩なラインナップから落ち感が美しいセミワイドシルエットの一本を選択。本格的なパターンメイキング、仕立て、素材の組み合わせに感動した佐藤さんは、ブリリア1949との出合いを真から喜んでいました。
※佐藤さんがセレクトしたパンツ(レディス)の記事は、こちらから→Interview No.4

ブリリア1949 イージパンツ

番外編では、メンズで毎シーズン品薄状態が続くスリムフィットのイージーパンツにフォーカスします。程よくストレッチを効かせたサマーウールはサラリとした肌触りで、履き心地もコンフォート! ウエストに配されたドロスト(=紐)を内側に収納することもできるため、きちんと感が求められるビジネスシーンではベルトスタイルも楽しめます。またウエスト後部がゴム仕様になっているため、快適で幅広い体型の人にフィットする点も人気を集めるゆえん。カジュアル過ぎず、堅すぎず、ちょうどいいバランス感でヘビーローテーションは確実です。パンツ¥39,600

連載No.5_PINEIDER

上半期の連載最終回は、PRエージェンシーで代表を務めるマーティン・ウェッブさん。ご来店の目的は、2001年にイタリアで開催された「G8サミット」で、各国への贈り物にも選ばれたピナイダーのペン。フィレンツェで誕生した歴史ある筆記具店のピナイダーは、そもそも便箋や封筒からスタートしたブランドですが、今ではオリジナルの革製品も扱うライフスタイルブランドに発展。歴史好きのマーティンさんはペンのみならず、質の高いハンドメイドの革製品にも興味津々でした。
※マーティンさんがセレクトしたペンの記事は、こちらから→Interview No.5

ピナイダー ペンケース

ピナイダーの革製品からピックアップしたのは、携帯に便利なロングストラップ付きのペンケース。なんとも優雅な気分にさせてくれる逸品は、イタリアブランドらしいポップなカラーリングも魅力的。この遊び心は、レザーカバー製のノートにも採用されています。「ジェンテ ディ マーレ」では、これらのようにプレゼントに最適なアイテムも豊富にラインナップ。訪れた際は、ぜひ併せてチェックしてみてください。ペンホルダー¥25,300・ボールペン¥33,000・ノート¥8,470

※ここで紹介したアイテムは、既に売り切れている場合もあります。ご了承ください。

PROFILE

ライター: Kanenobu

アパレル(メンズ&レディス)を経て、出版界へ。現在はフリーランスのエディター兼ライターとして雑誌やwebを中心に活動中。ジャンルはファッションから、旅、ライフスタイルまで多岐に。プライベートでは、ゴルフへの愛が年々エスカレート中。

MEN IMAGE

MEN

WOMEN IMAGE

WOMEN

PICK UP FOR WOMEN

アスペジ カットソー

STORE NOW

ASPESI〈アスペジ〉 ¥23,100(tax in)
マリハ スカート

STORE NOW

MARIHA〈マリハ〉 ¥38,500(tax in)
ザネラート バッグ

STORE NOW

ZANELLATO〈ザネラート〉 ¥110,000(tax in)
オートリー シューズ

STORE NOW

AUTRY〈オートリー〉 ¥42,900(tax in)

PICK UP FOR MEN

フィリッポ デ ローレンティス スキッパーポロ

STORE NOW

FILIPPO DE LAURENTIIS〈フィリッポ デ ローレンティス〉 ¥28,600(tax in)
ジャンネット パンツ

STORE NOW

GIANNETTO〈ジャンネット〉 ¥25,410(tax in)
セバゴ シューズ

STORE NOW

SEBAGO〈セバゴ〉 ¥49,500(tax in)
ピグアンドヘン ブレスレット

STORE NOW

PIG&HEN〈ピグアンドヘン ¥14,300(tax in)

BRANDS

ページトップへ